バス釣り初心者・上達したい全ての人のためのバスペディア

【琵琶湖バス釣り初心者におすすめのベイトリール】シマノ愛用デカバスハンターに右か左か決め手も聞いてみた!

2019/03/05
 
MegabassレッドデーモンとSHIMANOメタニウムでの琵琶湖北湖での釣果写真
この記事を書いている人 - WRITER -
ニイガキ:バス釣り勉強中アラフォーライター。水中生物の仕事。 Hide:琵琶湖北湖デカバス限定の人。 nicoreck:20代会社員のバス釣り大好きライター。毎週末野池やメジャー河川、出勤前の朝まずめにも行く釣りジャンキー。 その他、バス釣り好きライターが各自の得意分野を執筆しています。

皆様ごきげんよう、ニイガキです。

冒頭からアレですが・・・「バス釣り」って、皆さま・・・

ニイガキの超本音でございますが・・・

お金かかるぜ~い!!!

と思いませんか(笑)?

 

これはもう絶対そうだと思います。

 

だからこそ!だからこそ!だからこそ!!

HIDEBASS
もうええで。
ニイガキ
はい。

毎回使うものは長く大事にずっとずっと現役でいてほしいですよね?

そこでめちゃくちゃ重要アイテムになってくるのが【ベイトリール】です。

というわけで本日は、

「これからベイトリールを購入しようか迷っている方」に向けて、【おすすめベイトリール】を紹介したいと思います!

SHIMANOベイトリール@琵琶湖北湖

 

  • 琵琶湖で使う、最初のベイトリール、おすすめは?
  • ベイトリールって何?特徴や使い分け
  • ベイトリールもSHIMANOが琵琶湖バス釣りで最高峰だと思う理由
  • ベイトリールは右巻きか左巻き、どちらにします?

こういう流れで見ていきます!

 

琵琶湖で使う、最初のベイトリール、おすすめはSHIMANOのコレとコレ!

はい、いつものように(笑)、「最初に買うベイトリールのおすすめ」を、いきなり発表です!

今回はしぼりにしぼって・・・

【琵琶湖バサー推薦の実績重視、琵琶湖で持つべき厳選の2種】

それはズバリ!

  1. SHIMANO メタニウムMGL
  2. SHIMANO アンタレスDC

です。

MegabassレッドデーモンとSHIMANOメタニウムでの琵琶湖北湖での釣果写真

HIDEBASS
コチラがメタニウムでの釣果です!

 

琵琶湖北湖でロングワームで釣ったビッグバスの写真

HIDEBASS
コチラはアンタレスでの釣果です!
ニイガキ
ぬおっ!!言葉にならない・・・by小田和正さん ft ニイガキ・・・

 

もちろん、もっと安くて手に取りやすいリールもたくさんあります。

では!

「どうして初心者にこのような高性能のものをおすすめするのか」

「長年使ってきたからこそわかる」という、その理由を詳しくみていきたいと思います。

様々な角度から「上質なものを使う大切さ」「良いものが釣果に結び付く!」を解説していきます!

 

 

ベイトリールって何?特徴や使い分け

「ベイト(餌)+キャスティング(投げる)+リール→略してベイトリール」という由来のある両軸リール

スピニングリールが発売されるよりもずっと前にベイトリールはありました。

「スピニングも餌を投げるやん?」と思ってしまいますが、そもそもその名前が付いた当時は、ベイトリールが「餌を投げるリール」だったのですね!

琵琶湖北湖でキャスティングの写真

では、そのベイトリールについて、特徴と使い分けのポイントをみていきます。

 

【琵琶湖バス釣りに必須のベイトリール】メリット

ベイトリールのメリットは、

  • 巻き取りが強い
  • 手返しが速い

という二つが最大のポイントです。

 

その理由を構造的に説明すると、

  • スピニングリール➡ドラグがローターを介する➡力の伝達にロスあり
  • ベイトリール➡ドラグが巻き取りにダイレクトに作用➡駆動ロスほぼなし

という具合に、力の伝達の違いですので、上記のように、スピードとパワーにおいて違いが出てくるのですね!

琵琶湖でデカバスを釣り上げてきたMegabassのロッド達

なので、言い換えれば、釣りのスタイルごとに両方あって良いのです。

HIDEBASS
こういう場合はスピニング!こういう場合はベイト!とセレクトできるようになってくると面白いです!
ニイガキ
逆に言えば、セレクトミスで釣れない!なんてことも、もちろんなんぼでもありますね。

 

冬の琵琶湖北湖ミノーでデカバスの写真

HIDEBASS
コチラもアンタレスのHG(ハイギア)、厳寒期、冬の琵琶湖での釣果です。
ニイガキ
ご主人様、半端ないって!!

 

【琵琶湖バス釣りに必須のベイトリール】デメリット「バックラッシュ」

「ベイトリール」と調べると必ず出てくる単語、「バックラッシュ」。

これは簡単に言うと・・・

  • キャスト後「ルアーが飛んでいくスピード」よりも、「スプールが回転するスピード」が上回ってしまう
  • ライン放出が間に合わず、ラインがグチャグチャになってしまう

という状態です。

 

これを防ぐためには・・・

  • キャストする時に、親指で軽くラインを抑える
  • スプールの回転を抑える
  • ライン放出スピードを調整

という感じで「サミング」という「自分の親指(サム)で調整する作業」が必要です。

冬の琵琶湖北湖でも愛用SHIMANOベイトリールの写真

という事なので、「ベイトリール=上級者向け」というのは確かにそうだと思います。

 

やはり、実践を重ねてコツをつかむことが大事ですし、慣れが必要です。

 

とは言え、技術の発達はそれこそ凄いスピードでリールを進化させています。

 

ここでおすすめしたアンタレスDCの「DC」というのはまさしくコレ!

自動制御のブレーキシステムなんです!

冬の琵琶湖北湖の写真

「バックラッシュの軽減」というのが目玉ですし、本当にほぼノン・トラブル!

初心者でも安心してベイトリールの実践を積み重ねていくことができます。

 

【琵琶湖バス釣りタックル選定】リール選びは「トータルコーディネート」が重要

タックルをトータルで考えた時に、リールというのは非常に重要な存在だと言えます。

ですが、リールだけにものすごく力を入れたり、逆に全然見合わないリールを組み合わせてもトータルで最高のパフォーマンスはできないですよね?

そう!やはり【トータルコーディネート】がとても大事です!

ニイガキ
そうですね…トータルでどう合わせるかを考えないと、全身ジャージにブランドバッグで迷彩のハットみたいな摩訶不思議な感じになってしまいますもんね……。
HIDEBASS
目立ちたいんか隠れたいんか既にわからんしな、それ・・・

 

最初は「使いやすさ」を重視してバランスよく組み合わせれば大丈夫なので、一般的な10g前後のルアーを想定し、「汎用性の高さ」にフォーカスして「ノーマルギア」を選ぶと良いです。

 

SHIMANOのベイトリールが琵琶湖バス釣りで最高峰だと思う理由

最初におすすめした【メタニウムMGL】は、非常に汎用性の高いリールです。

HIDEBASS
とにかく使いやすくバランスが良いのでおすすめです。

具体的には・・・

  • 重さがちょうどよく使いやすい
  • 高性能スプールで良く飛ぶ
  • 新開発の性能が良くトラブルが少ない
  • 広い範囲で使える

NEW MGLスプールとは、シマノがこだわる「キャストフィーリングの良さ」、つまり人の感性に訴える部分を進化させることで、結果的にキャスティングにおける基本性能である遠投性、バックラッシュのしにくさ、アキュラシーキャストにおいても一段と性能を引き上げたフィーチャーであると言えるのです。

引用元:SHIMANO公式HP 製品情報 Metanium MGL

ニイガキ
HG(ハイギア)とXG(エクストラ・ハイギア)も出ているので、慣れたらシリーズでそろえるのもアリですね!

 

2番目におすすめした【アンタレスDC】は、本当は一番におすすめしたいところですが、やはり高価な方に入りますので、お金に余裕がある方は、コチラがイチオシです。

おすすめのポイントとしては・・・

  • 驚異の飛距離!とにかく良く飛ぶ
  • 自動制御のDCブレーキ搭載でバックラッシュなし

とにかく飛ぶ!爆発的に遠投性能を高めたことによって、余力を残した状態でのキャストでも十分な飛距離がでるため、精度の高いロングキャストも可能になった。

またNEW 4×8 DCブレーキが人間には到底できないレベルで適切にブレーキをかけてくれるので、バックラッシュの恐怖感がなく、急な向かい風なども安心できる。

引用元:SHIMANO公式HP 製品情報 ANTARES DC  秦 拓馬プロのコメント

 

自重 糸巻量 最大ドラグ力 ギア比
メタニウムMGL 175g 12lb

100m

5.0キロ 6.2:1
アンタレスDC 220g 16lb

100m

6.0キロ 5.6:1
HIDEBASS
SHIMANOは、故障時のアフターサービスもしっかりしてるから、やっぱりリールは新品SHIMANOがおすすめです。

 

 

 

ベイトリールは右巻きか左巻きか、琵琶湖デカバスハンターに聞いてみた

はい、こちらも大事なポイントですよね?

まず、バス釣り用のベイトリールは、使う時によって一台のリールのハンドルを左右交換することはができません。

ということは・・・

決してベイトリールは安い買い物ではない為、しっかり最初に納得して「右」か「左」を選ぶ必要があります。

でも、大丈夫!

 

まず初心者は、「利き手で巻けるリール」をおすすめいたします。

 

プロの中には、右利きだけど「絶対にリールは左をおすすめ!」という方もたくさんおられます。

もちろんプロではないバサーの方々も「利き手と逆」をおすすめしている方もたくさんいらっしゃいます。

 

そのポイントは、

  • 利き手でロッドワーク
  • 手を持ち替えるのはややこしい

こういうポイントがあり、確かにそれもそうです。

 

「ほなどっちやねん!」となりますが・・・

 

初心者に大事なポイントは、

  • ベイトリールに慣れること
  • 様々な巻き方を練習すること
  • 様々な状況に応じてしっかり体にリーリングを覚えさせること

 

この辺りが非常に重要で、今後のバサー人生に関わってきます。

だからこそ、慣れてから好きな方を購入するのはもちろん良いです!これは好みです!

そうやって、「慣れて選べちゃうぜ!」となるためにも、一番最初は「利き手」でしっかり練習することをおすすめします!!

 

MegabassレッドデーモンとSHIMANOメタニウムでの琵琶湖北湖での釣果写真

 

メタに有無もDC(自動制御)バージョン出てます!

 

 

琵琶湖北湖でロングワームで釣ったビッグバスの写真

 

HIDEBASS
バス釣りは右利きであっても左使ってる人が多い。でも俺は右手じゃないとしっかり魚とファイトできひんから右派です。
ニイガキ
なるほど!慣れてきたら右派と左派分かれるようですが、やはり最初は利き手でファイトした方が良さそうですね!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「良いものをより長く大切に」のコンセプトでおすすめしたのは、

  1. SHIMANO メタニウムMGL
  2. SHIMANO アンタレスDC

の厳選の2種でした。

選ぶ際のポイントとしては、

  • 使いやすくトラブルが少ないもの
  • 実績充分で長く使える高品質なもの
  • 最初は何度も練習し体になじませることを優先し、利き手側を
  • 汎用性(バーサタイル性)を重視しノーマルギアから

というポイントを押さえていれば大丈夫です。

あとは、じゃんじゃん使い込んで魂を吹き込み、自分の名品にしていってくださいね!

 

HIDEBASS
お金がかかるからこそ、「安物買いの銭失い」にならないことが大事だと思います。
ニイガキ
ギクッ・・・でも本当にそう思います。高いから、めっちゃ大事にしますもんね!だから釣果につながる!

 

良いもので良い練習をして、良いメンテナンスも身に付け、良いバサーになるのが、結局長い目で見たら「無駄が少なく費用対効果が高い!」ということですね!

 

 

HIDEBASS
ほなっ!Rod持って琵琶湖集合!

ニイガキ
はい、ご主人様!ニイガキ右胸びれで練習いたします!

 

 

 

☆学生の方は『楽天学割』でお得に!

コチラから登録できます!

 

☆ルアマガやBasserがスマホやタブレットで読み放題!

こちらからの登録で超お得に雑誌・書籍読み放題です

 

【陸王】ネット配信を無料で見る方法!


こちらからの登録で超お得に陸王が視聴できます

 

 

ルアーマガジンやBaaserがスマホで読み放題!?

バス釣り雑誌をお得に読見たい方はコチラです。

この記事を書いている人 - WRITER -
ニイガキ:バス釣り勉強中アラフォーライター。水中生物の仕事。 Hide:琵琶湖北湖デカバス限定の人。 nicoreck:20代会社員のバス釣り大好きライター。毎週末野池やメジャー河川、出勤前の朝まずめにも行く釣りジャンキー。 その他、バス釣り好きライターが各自の得意分野を執筆しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© BASSER TO THE FUTURE , 2018 All Rights Reserved.