バス釣り初心者・上達したい全ての人のためのバスペディア

琵琶湖でノーシンカーならヤマセンコー!様々なアクションでその極意を確かめる

2019/03/01
 
琵琶湖北湖のクリアーな水質の写真
この記事を書いている人 - WRITER -
ニイガキ:バス釣り勉強中アラフォーライター。水中生物の仕事。 Hide:琵琶湖北湖デカバス限定の人。 nicoreck:20代会社員のバス釣り大好きライター。毎週末野池やメジャー河川、出勤前の朝まずめにも行く釣りジャンキー。 その他、バス釣り好きライターが各自の得意分野を執筆しています。

皆様ごきげんよう、ニイガキです。

「ヤマセンコー」

この単語を繰り返す度に、ムネアツなニイガキです。

閃光(センコー)のごとくダートするワーム。

 

ヤマモトさん、ハンパないって!ほんまにカッコ良いです。ハイセンス。

 

HIDEBASS
流行語を使ってみたんやな、ニイガキ…

 

この一本のワームに込められた思いと、塩を含む原料の黄金比。

これを存分に生かすノーシンカーリグ!

 

というわけで本日のテーマは、

【ヤマセンコーのアクションの極意をノーシンカーリグで確かめる】

  • 琵琶湖でノーシンカー実践編!ヤマセンコーの利点を生かした有効アクション
  • 琵琶湖でヤマセンコーを最大限に生かすのは「フォール」
  • 琵琶湖の物陰に住むバスをよ~く観察「ジャーク・トゥイッチ」

 

是非とも、マザーレイク琵琶湖でノーシンカーリグの様々なアクションを実践して、ヤマセンコーの魅力を存分に引き出し、「釣る感覚」を体に染み込ませておくれやす。

HIDEBASS
まだ舞妓はん、引っ張るんやな。
ニイガキ
ご主人様、もう少しよろしおすか?

 

琵琶湖ノーシンカー実践編!ヤマセンコーの利点を生かした有効アクション

ここで、ヤマセンコーの利点をもう一度おさらいです。

  • リアルな動き
  • 高比重やからええ感じのフォール
  • 黄金比やから閃光のごとくブルブルええ感じのダート
  • バスのお好み、塩味がええらしい
  • ええ感じの大きさと豊富なカラーバリエ

あらまあ、これで釣れなきゃ嘘ですやろ?

 

食わせやすいからこそ、様々なテクニックを試すチャンスでもあります!

 

ロッドアクションを体になじませる練習をしながら、釣果を積み上げて行くその先に、必ずやデカバスGETがあります。

それを実践できる琵琶湖。

では、アクションを順番に見ていきます。

 

琵琶湖でヤマセンコーの良さを実感できるのは「フォール」

「琵琶湖で最初に練習するにはノーシンカーが良い」以前の記事でご紹介しましたが、「ノーシンカー」は読んで字のごとし、「シンカー」がないので、フォールのスピードはスローです。

ゆっくりゆっくりです。

この「ゆっくりゆっくり」が、バスにはとてもリアルで「こりゃイケルで!」と思わせることができます。

従って、縦にゆっくりとフォールさせるリグとしては、いわゆる「食わせられるリグ」の中でピカ一ではないでしょうか。

有効なアクションとしては、そのまま【フリーフォール】です。

これまた読んで字のごとしでキャストして「ただ落とす」だけです。

バスが必ずいてるカバーのあたりに、ラインを緩めた状態(ピンとテンションをかけない)でフォールさせます。

琵琶湖北湖バスがいそうなウィードカバーの写真

シンカーがない分、時間はかかりますのでイライラせずに待つ!(笑)

ここでヤマセンコーの良さが光ります。

フォールさせるだけで、わずかに震えるようなアクションをしてくれるからです。

この微妙な動きや水押しの良さ!バスはこういうのが好きなようで、琵琶湖のウィードエリアでもとても有効です。

ですので、フォールの最中にバクっとバイトがあることも多いです。

これを見逃さないこと。

 

ここで気を付ける点としては、アタリが取りづらいこと。

 

なので・・・

  • ラインを張り過ぎない→このブルブル震える自然な動きを邪魔しないように!
  • しっかりラインを観察する→ここで微妙な変化を見抜く観察眼や感覚を養えます!

 

そう考えればデメリットではなく、メリット!

バス釣りは様々なリグやアクションがありますが、自分の目と腕と感覚が最も大事!

ここでラインコントロールとライン観察力の両方をしっかり鍛えてみてくださいね。

 

そして・・・

しっかり観察して、良いタイミングで合わせることが最後の大事な瞬間!

 

ラインがスーっと走り出すような動きに注目です。

なぜなら、バスは獲物に食いついたら、元の場所に戻ろうとする習性があるからです。

なので、スーっと糸が走り出したタイミングを見逃さず、ロッドを煽り、合わせること。

 

ここまでの一連の動きをひたすら繰り返していきます。

 

繰り返しますが、ヤマセンコーの最大の特徴は「高比重系ワーム」ということ。

それ自体が、本当に良い動きをしてくれます。

ですので、特に「琵琶湖おかっぱりアングラー」にとって大きな武器となってくれる強い味方!

ニイガキ
ヤマセンコーは僕の友達!
HIDEBASS
キャプテンニイガキけ?

 

琵琶湖のバスを観察!ジャーク・トゥイッチ、これをヤマセンコーで自分のものに

基本的にバスがいる場所を探すことがまず一番大事ですよね?

で、バスがいたとして・・・

では、そこにいるバスが食べている生物は何で、どんな動きで、それをどう食べているか?

じっくり観察してみてください!(←コレいつでもめっさ大事です。基本です。)

 

例えば・・・

ワカサギのような小魚がたくさんいて、バスに狙われワ~ッと散り散りに逃げ回る感じだとしたら・・・

琵琶湖、小鮎ボイルの写真

そうです。

その動きをヤマセンコーで演出、つまり真似します。

 

そんな時に有効なアクションが、【ジャーク・トゥイッチ】です。

 

  • ジャーク→ロッドのふり幅を大きく
  • トゥィッチ→ロッドのふり幅は小さく、そして速く

 

引いて止めて、引いて止めて、逃げ回る小魚のごとくビュンビュン動いてバスを誘います。

ヤマセンコーはそれ自体がブルブル震えてくれるので、首ふりのような動きもしつつ、左右にコントロールして、リアル~に追いかけてもらいましょう。

 

ここでしっかりアクション出来るように、以前の「ノーシンカーのお悩み解決記事」でも触れましたが、オフセットフックはヘッド側から、ワームが曲がらないように姿勢を安定させて使ってみてください。

 

そして、ラインのテンションを感じたら、合わせること。

丸のみされる前にグイっと合わせることが大事です。

ここも、実践あるのみでございますね!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

  • 琵琶湖でノーシンカー、ヤマセンコーで有効なアクションを
  • 琵琶湖でバスが確実にいるポイント(ウィードなどのカバー)にフォール
  • 琵琶湖でバスが追いかけたくなる生物の動き「ジャーク・トゥイッチ」で食わせる
  • ヤマセンコー様の持つ能力を存分に生かしてどんどん練習させてもらいましょう
  • ロッドアクション、フッキングのタイミング、これは優秀なヤマセンコー様で実践あるのみ

 

繰り返しますが、ヤマセンコーの最大の特徴は「高比重系ワーム」ということ。

それ自体が、本当に面白くて良い動きをしてくれます。

 

ゲーリーヤマモト【ヤマセンコー 4インチ】208番ウォーターメロン

 

HIDEBASS
ウォーターメロンはしんどい時のお助けカラー。そんだけ確実!

 

ゲーリーヤマモト【ヤマセンコー 4インチ】363番グリーンパンプキン

 

ニイガキ
グリパンも同じくバスの好みにマッチした外せないカラーでございますね!

 

ゲーリーヤマモト【ヤマセンコー 4インチ】390番スカッパノン

 

HIDEBASS
濁りのある時でも釣果はこれで!

 

ヤマセンコーは、特に「琵琶湖おかっぱりアングラー」にとって大きな武器となってくれる強い味方!

ニイガキ
ヤマセンコーは僕の友達!
HIDEBASS
改めてのキャプテンニイガキけ?
ニイガキ
琵琶湖で~青春~♪駆~け抜~け~ろ~~♪

 

HIDEBASS
ほなっ!Rod持って琵琶湖集合!

ニイガキ
はい、ご主人様!蝶々サンバ♪ゆっくりフォール♪ジグザグサンバ♪ジグザグダート♪

HIDEBASS
キャプ・翼の替え歌ハマり過ぎっ!

 

 

 

 

☆学生の方は『楽天学割』でお得に!

コチラから登録できます!

 

☆ルアマガやBasserがスマホやタブレットで読み放題!

こちらからの登録で超お得に雑誌・書籍読み放題です

 

 

ルアーマガジンやBaaserがスマホで読み放題!?

バス釣り雑誌をお得に読見たい方はコチラです。

この記事を書いている人 - WRITER -
ニイガキ:バス釣り勉強中アラフォーライター。水中生物の仕事。 Hide:琵琶湖北湖デカバス限定の人。 nicoreck:20代会社員のバス釣り大好きライター。毎週末野池やメジャー河川、出勤前の朝まずめにも行く釣りジャンキー。 その他、バス釣り好きライターが各自の得意分野を執筆しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© BASSER TO THE FUTURE , 2018 All Rights Reserved.