バス釣り初心者・上達したい全ての人のためのバスペディア

【冬から初春の琵琶湖バス釣り!スモラバ・実践編】おすすめトレーラーと付け方のコツ!

2019/03/05
 
琵琶湖北湖クリアーなシャローエリアの写真
この記事を書いている人 - WRITER -
ニイガキ:バス釣り勉強中アラフォーライター。水中生物の仕事。 Hide:琵琶湖北湖デカバス限定の人。 nicoreck:20代会社員のバス釣り大好きライター。毎週末野池やメジャー河川、出勤前の朝まずめにも行く釣りジャンキー。 その他、バス釣り好きライターが各自の得意分野を執筆しています。

毎度、ニイガキです。

寒いとはいえなかなか気温がグッとは下がらない2019年1月、あまり1月と変わり映えしない2月でしたが、しっかり冬のバスを釣っておきたいですよね。

と言いながらコレを書いている今はもう3月目前!

実際に気温も上がって来て昼間はうちの犬も外でのびのび日光浴をしていますが・・・

 

琵琶湖、特に北湖の方はまだまだ水中は冬の釣りが大事です。

 

というわけで、サイズは問わず、冬から春への三寒四温、まだまだ寒さで活性の上がりきらないバスにフォーカスし、確実に釣りたい場合の選択肢としまして・・・

 

【冬のスモラバ(初春も!)・実践編】について、前回の準備編に続き、初心者にとって有効なアクションをいくつか、さっそくみて行きたいと思います!

 

☆2018年12月の琵琶湖状況はコチラです。

☆2019年1月の琵琶湖状況はコチラです。

☆2019年2月の琵琶湖状況はコチラです。

 

【冬から春にかけての琵琶湖でスモラバ】狙っていきたいポイント

これはどの季節でもそうですが、

  • 人を警戒している「いわゆるスレたバス」
  • 低水温で「テンションが低いバス」

は、なかなか口を使ってくれませんよね…。

そんな時に、小さくてゆっくりナチュラルな動きを勝手にしてくれる【スモラバ】は、ちゃんとバスに気付かせることができれば、チャンスがあります。

では具体的には、どういう場所で「バスに気付かせる」ことができるのか、見ていきましょう!

 

冬から春のスモラバ有効ポイント①クリアーな水質でバスが潜むものがある場所

スモラバの売りは「小さくてナチュナルな事」で、逆に言うと「大きなアピールはない」ですよね。
という事は、まず大事なのは、ある程度クリアーで「バスが見つけられる」水質がです。
  • 目の前に落ちて来た!
  • 目の前を静かに動いていく!

そんな感じで見つけてもらいたいので、バスにとって見やすいクリアーな環境が良いです。

琵琶湖はクリアーで水量も豊富なので、台風後やその他濁りが強い時以外は、たいていクリアーなので良いですね!

琵琶湖北湖クリアーなシャローエリアの写真

 

さて次に大事なのは・・・

これも当然と言えば当然なのですが、基本的にバスはこんなところにはいません。

  • 何もないだだっ広いところ
  • しかもクリアーなところ

はい、なぜなら敵に見つかってしまうからです(笑)…。

そりゃあそうですよね。

何かに身を寄せて、何かを頼りにして潜むことによって安全を確保しています。

というわけで・・・

自然のものでも人工物でも、とにかく何か構造物がある場所を狙って行きたいです。

具体的には、

  • 杭周り
  • 護岸
  • ゴロタ石
  • ウィード
  • 木陰

何でもいいのですが、とにかくバスが身を寄せられる場所を探します。

琵琶湖北湖バスがいそうなウィードカバーの写真

でも、そこで心配なのが「根掛かり」ですよね…。

でもでも、他のルアーに比べて、スモラバは小さくてコンパクト!

フックのガードもあるので「根掛かりしにくい」というメリットもあります。

 

ですので、逆に積極的にストラクチャー近くを狙って行きたいルアーでもあります!

冬から春のスモラバ有効ポイント②見えバスを狙うサイトフィッシングにも

何度も繰り返しますが、スモラバはスモールなラバージグ!
小さいからこそのメリットは・・・
  1. 着水音が小さい
  2. ゆっくりゆっくり沈む
  3. スカートがふんわりと絶妙な抵抗
  4. 吸い込んで食べやすそうな印象

てな感じで、警戒心を与えにくい方のルアーとなります。

ですので、ウロウロしながら、見えバスを探して放り込んでみるというのも、ワクワクする面白い釣りとなりますので、是非ともトライしてみてください!

 

【冬から春の琵琶湖でスモラバ】釣り方は色々ためしてみよう!

スモラバは基本「ゆっくり」「ふんわり」を活かした、「バスに食べやすいと思わせる釣り」の強い味方です。

その中でも実に色々な使い方ができるので、釣れるかどうかも勿論ですが、普通にアクション練習として色々試してみると良いと思います!

初心者におすすめの有効なアクションとワンポイントを一覧にしてみます。

アクション コツと注意点
フォール 投げてそのまま落とすだけ!落ちてくるのを食う時は少し活性高めかも。金魚が餌を食べる時のイメージ。落ちてくる餌をジーっと見つつ、ズォーっと吸い込む感じ。逆に活性低めのボトムに居ついているバスは着底時に喰うことも。
表層ただ巻き シャッドを使って同じ速度で巻いてみる。横の動きへの反応をチェック。表層で横の動きがある場合は活性が高いとみて他の釣り(スピナベやクランクなど)も試す価値あり。
ボトムズル引き バスが追い付けるスピードで、地形変化に集中しながらゆっくりゆっくり。ボトムから離れないように。距離は長すぎず。あくまでもボトムであまり動きたくないバスを誘うイメージ。時に止まったり跳ねたりを織り交ぜて。
ボトムシェイキング ズル引きと組み合わせて。ステイしてロッドを小刻みに、ラインスラックも利用して動かしてみる。そして止める。この繰り返しが大事。動いているものが止まった瞬間に「今や!」と食おうとするのを狙う。

やはり、バスは野生動物。

「静と動」をじっくり見極めて食ってくる、というのをいつもイメージしながら実践してみてください。

動いているうちは観察、動きが止まった瞬間に食らいつく。

シャチとか虎とか鷹とか・・・動物を狙う動物は共通点があるように思います。

ニイガキ的には、そういうイメージです。

 

【冬から春の琵琶湖でスモラバ】おすすめラバージグ

ではここで、スモラバのおすすめラバージグをいくつか紹介します!

 

【O.S.P JIG ZERO FIVE “TUGGER”】

ウェイト別のガード本数で、最適なカバー回避&フッキングを両立!

【Jackson EGU Jig

乱長短のラバーでバスを騙すという考え抜かれた構造!

一誠(issei) ビビビショット 

スモラバの元祖、ハンハンジグの生みの親村上氏ファンの方はコチラ!

 

 

【冬から春の琵琶湖でスモラバ】おすすめトレーラー5選と付け方のコツ

スモラバのトレーラーに何を使うか、も悩みどころかと思います。

ということで、実績を元にいくつかおすすめを!

尚、カラーに関しては、基本的にスカートとそろえて実績の高い色(グリパン・ウォーターメロン等)をチョイスしましょう!

 

【ゲーリーヤマモト 4インチ グラブ】

これはもう定番中の定番!スカートと同色のグリパンで。

【ゲーリーヤマモト 4インチ ダブルテール グラブ】

冬の温排水でダブルテール放置での実績あり!

【O.S.P 3.1インチ HPシャッド】

シャッドと言えばこちら。常備しておきたい。

【deps 3インチ ブルフラット】

ブルフラットは琵琶湖でもよう釣れます!

【一誠 ビビビバグ】

 

また、良いトレーラーやフックを選択をしても、付け方が甘いとうまく動いてくれなかったり、ロストの可能性も上がってしまいますよね。

 

なので、シンプルですがフックは・・・

  1. ワームとフックを見て刺す距離を決める
  2. ワームの中央にフックを刺して
  3. ゆっくりと、真っすぐにセット

 

「まっすぐ」「真ん中に」

この2点に忠実にセッティングしてみてください。

ワーム中央ににオフセットフックを真っすぐ刺した写真

(写真:ワーム中央に真っすぐ刺す1例)

 

急いでチャチャっと刺してしまうと、ワームが曲がってしまい、不自然なアクションになってしまいます。

狙い通りにアクションすることで、釣果にも結び付きますので気を付けたいですよね!

こういった準備の些細な違いで結果に大きく影響したりしますので、

  • 「真ん中真ん中」
  • 「真っすぐ真っすぐ」

と唱えながら慎重に刺してくださいませ!

ちょっと怖いけど・・・

 

【冬から春の琵琶湖でスモラバ】フッキングでの注意点「焦らずに」

スモラバは、「静と動」の動かし方により、主に「止まった時」にバスが喰ってくることが多いです。
ということは、ある程度ラインのたるみがある状態でのフッキングになるので、焦りは禁物です!
気付かれないよう、ラインを巻き取り、「ここぞ!」というタイミングで一気に合わせるというコツが必要です。
これはコツが少し必要ですが、その「ここぞ!」でしっかり合わせられて「ズシンと重みを感じる瞬間が最高!」という人は多いですよ!
これも呪文です。
「焦らずに焦らずに」

まとめ

いかがでしたでしょうか?
スモラバは・・・
  • 冬から初春のまだまだ活性低めのバスにとって食べやすくて、
  • 使う側からしてもシンプルで使いやすい!

ですので、ここぞとばかりに冬~初春にかけて琵琶湖でガンガン試してみましょう。

  • スモラバは様々なタイプのポイントで使いやすいルアー
  • バスはズォーッと吸い込んで食べるので、ふんわりしてるとすすりやすい
  • バスに気づかせる距離と動かし方が大事
  • フッキングはラインスラックを取りながら慎重に

 

 

この辺りに気を付けながら、使ってみてください!
ニイガキ
「静と動」の組み合わせでございますよ!
☆3月も水中はまだまだ冬の釣り!こちらの記事も是非ともご参考にどうぞ!

 

☆学生の方は『楽天学割』でお得に!

コチラから登録できます!

 

☆ルアマガやBasserがスマホやタブレットで読み放題!

こちらからの登録で超お得に雑誌・書籍読み放題です

 

【陸王】ネット配信を無料で見る方法!


こちらからの登録で超お得に陸王が視聴できます

 

ルアーマガジンやBaaserがスマホで読み放題!?

バス釣り雑誌をお得に読見たい方はコチラです。

この記事を書いている人 - WRITER -
ニイガキ:バス釣り勉強中アラフォーライター。水中生物の仕事。 Hide:琵琶湖北湖デカバス限定の人。 nicoreck:20代会社員のバス釣り大好きライター。毎週末野池やメジャー河川、出勤前の朝まずめにも行く釣りジャンキー。 その他、バス釣り好きライターが各自の得意分野を執筆しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© BASSER TO THE FUTURE , 2019 All Rights Reserved.