バス釣り初心者・上達したい全ての人のためのバスペディア

春の琵琶湖バス釣りで反応の強いルアー・ワームの色は?「春は赤やで!」は本当か

2019/04/08
 
琵琶湖で御用達のワームの写真
この記事を書いている人 - WRITER -
ニイガキ:バス釣り勉強中アラフォーライター。水中生物の仕事。 Hide:琵琶湖北湖デカバス限定の人。 nicoreck:20代会社員のバス釣り大好きライター。毎週末野池やメジャー河川、出勤前の朝まずめにも行く釣りジャンキー。 その他、バス釣り好きライターが各自の得意分野を執筆しています。

毎度ニイガキです。

突然ですが、とにかくルアーやワームはカラーバリエーションが豊富で、どれを買おうか迷いますよね!

そして、なかなか良いお値段で(笑)…。

だからこそ、「一番釣れる奴ちょうだい!」と言いたくなります。

そう!せっかく買うなら釣れる色がほしい!

そこで、春の傾向を踏まえ、「春は赤!」が都市伝説なのか調査してみました・・・

 

春のルアー・ワーム、色も釣果と関係するのか

春に使うルアーやワームの色が、釣果と関係するかどうか。

答えはYESです。

ニイガキ
春に使うワームを買い足そうかな~・・・
HIDEBASS
春は赤がいいで!
ニイガキ
えっ?赤ですか?そんな派手なん釣れます!?
HIDEBASS
なんでか知らんけど、実際琵琶湖でよう釣れんねん、赤が
ニイガキ
へ~っ!

 

というわけで、琵琶湖歴10年以上のデカバスハンターも「赤は釣れる」と。

実績があるわけですね。

では、理由をちょっと自分なりに考えてみます!

 

バスの食べてるエサに関係ある説

バスは、本当に色々なものを食べます。

特に強い大型のバスは、徒党を組んで餌を求めてウロウロし、食べれるものなら何でも食べようとします。

その中には、魚だけでなく、ザリガニも含まれます。

もちろんポイントによりますが、赤い生き物もバスの食べ物の選択肢にあるのは確か。

長い越冬を経て、春の訪れとともに何でも食べて体力を付けたいなら尚更、「赤いもの」を狙うのは納得です。

 

バスがイライラする説

春のバスは、メスは産卵の準備に入り、オスももちろん産卵床をこしらえたり、メスを守ったり。

とにかく夫婦共働きみたいな感じで(ほんまか?)繁忙期に入るわけですね。

とくに安全面が子孫の繁栄にはめちゃくちゃ大事!

なので・・・

侵入物にはとにかく敏感です。

全方位威嚇ぐらいの時期もあります。

 

実際に私は、バスではないのですが、以前海の中で気付かずに出産前のイルカの近くに泳いで行ってしまいました(笑)・・・

 

そしたら、周りのイルカ達に一斉に威嚇されてことがあります。

もうその時の威嚇音と言ったら・・・

鼓膜が破れんばかりの激しい音で「あっちへ行け!」「近づくな!!」と追い立てられました。

 

あ、それからムラサメモンガラという魚にも・・・

卵を守っていたのでしょうか?

気付かずにスイスイーっと泳いでいたら、歯をむき出しにして砂浜ギリギリまで追い回されました・・・

めっちゃ怖かったー!自分よりも小さな魚やのに・・・

 

おいおいKYかよっ!って感じですが(笑)、基本、産卵前や妊娠後期は近づかぬが吉です。

その節は失礼しました…。

 

というわけで、話がそれてしまいましたが、春のバスは・・・

  • 食べなあかん
  • でも守らなあかん

というわけで、忙しいし、神経質にもなっています。

だから、赤い目立つものがチラチラ近づいてくるると、私がイルカやモンガラにそうされたように(笑)、

  • 口を開けて追いかけたり
  • 噛みついて威嚇したり

するでしょう。

赤は地味な色に比べて、【イラつく色】にもなり得ると思います。

琵琶湖でネコリグする時によく使うクリアーレッドのストレートワームにアノストシンカーを差し込んだ写真

 

とにかく派手なのが見やすい説

春になると、冬に比べて日照時間が長くなりますよね。

とは言え、まだ冬を引きずる水中では、水温は一気には上がり切りません。

そういう意味ではまだまだ不安定。

そんな中では、【リアクション】というのが大事なポイントになって来ます。

まだ水温が安定しないなら、少ないチャンスにしっかり見えるものが有効でもあります。

そこで、「赤という目立つチョイスでしっかりリアクションを誘発する」というのが効果的なのもうなずけますよね!

琵琶湖で釣れるTN70フルタングステンの写真

 

【春の琵琶湖バス釣り】色のチョイスは何を狙うかにもよる

というわけで、【赤がなんでか釣れる】という理由を私なりに推察してみました。

やはり実績から言っても、実際「赤は釣れる」。

ネコリグに必要なストレートワーム、圧縮チューブ、ワッキーフック、ネイルシンカーの写真

その理由は一つではなさそうです。

  • 食性➡ザリガニや虫のように赤っぽい色
  • リアクション➡神経質&イライラに訴えかける

こんな感じで、やはりバスの野生の習性的に、「赤」はどちらにしても意味を持つのだと考えられます。

特に春という季節の習性に合わせていく。

そういう意味で、

「赤はよう釣れる」

「うん、なるほど納得」

です(笑)。

 

食性を狙って行く場合も、リアクションを狙って行く場合にも、です!

ネコリグ準備用のストレートワーム(クリアーレッド’)、ネイルシンカー、圧縮チューブの写真

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

やはり実績があるものを素直に試してみるのが特に初心者には良いように思います。

  • 春の琵琶湖、実際「赤」がよう釣れる
  • 春のバスはやや神経質
  • 食性なのかリアクションなのか
  • つまり、餌の色なのか目立つ色なのか
  • 赤のワームで春バスをGETしよう

たくさん投げて、自分のフィールドで自分のシーズナルパターンを掴んでいきましょう!

場所、シーズンなどによって使い分けが出来ると面白いし釣果もUPしますよ!

琵琶湖で御用達のワームの写真

 

関連記事:

【琵琶湖プリスポーン】有効な釣り方とおすすめルアー

☆【琵琶湖・河川プリスポーン】釣果とタックル紹介

【早春の琵琶湖バス釣おすすめルアー】ミノー基礎・準備編

【早春の琵琶湖バス釣りおすすめルアー】ミノー実践編

【春の琵琶湖】ビッグベイトデビューは今?

学生の方は『楽天学割』でお得に!

コチラから登録できます!

 

ルアマガやBasserがスマホやタブレットで読み放題!

こちらからの登録で超お得に雑誌・書籍読み放題です

 

【陸王】ネット配信を無料で見る方法!


こちらからの登録で超お得に陸王が視聴できます

 

 

 

 

ルアーマガジンやBaaserがスマホで読み放題!?

バス釣り雑誌をお得に読見たい方はコチラです。

この記事を書いている人 - WRITER -
ニイガキ:バス釣り勉強中アラフォーライター。水中生物の仕事。 Hide:琵琶湖北湖デカバス限定の人。 nicoreck:20代会社員のバス釣り大好きライター。毎週末野池やメジャー河川、出勤前の朝まずめにも行く釣りジャンキー。 その他、バス釣り好きライターが各自の得意分野を執筆しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© BASSER TO THE FUTURE , 2019 All Rights Reserved.