バス釣り初心者・上達したい全ての人のためのバスペディア

【春の琵琶湖バス釣り・バイブレーション編】おすすめカラーと根掛かり対策も紹介

2019/04/13
 
バイブレーションでの釣果@野池(nicoreck)
この記事を書いている人 - WRITER -
ニイガキ:バス釣り勉強中アラフォーライター。水中生物の仕事。 Hide:琵琶湖北湖デカバス限定の人。 nicoreck:20代会社員のバス釣り大好きライター。毎週末野池やメジャー河川、出勤前の朝まずめにも行く釣りジャンキー。 その他、バス釣り好きライターが各自の得意分野を執筆しています。

毎度ニイガキです。

琵琶湖の水温も少ーしずつ少-しずつではありますが上がって来ましたね。

 

というわけで今回は、春の釣りを存分に楽しむために【バイブレーション】にフォーカスしてみたいと思います!

 

琵琶湖の春、

  • どんなシチュエーションに
  • どんなバイブレーションが
  • どんなタックル設定で有効なのか
  • 根掛かり気になるけど…対策は?

などなど気になる点を簡潔にまとめました!

 

この春から琵琶湖で釣ってくぞ!という方は特に、是非とも参考にしてみてくださいね!

 

関連記事:

【琵琶湖プリスポーン】有効な釣り方とルアー一覧

【琵琶湖プリスポーン】タックルと最新釣果

【これからの季節必須!】バス釣りおすすめ偏光グラス

【2019琵琶湖の大注目事項】全循環の仕組みと遅れによる懸念

【琵琶湖遠征情報!】車中泊・格安ホテル・持ち物・注意点など

 

ライター:nicoreck、ニイガキ

春にバイブレーションがおすすめな理由

春になると日照時間が長くなり、少しずつではありますが水温も上昇してきます。

特に日本一広大な琵琶湖、しかも北湖となると春はまだまだこれからです!

水温一桁から徐々に上がってくるので、バスにとっては待ちに待った「食べれる時期」に突入ですね。

 

そんな春でも、曇りや雨の日はお花見の方には残念な天気ですが、バサーには狙い目!

 

  • ローライトで且つ雨が降り始めた時
  • もしくは雨が止み始めた時

こういった時は、天候の変化により魚が動き始めます。

 

そのタイミングで「ヤル気のある魚を拾いに行く」イメージの釣り方が有効です!

 

となると・・・

  • 飛距離がでて
  • 且つ広範囲を手返しよくテンポよく探れるルアー

が必要になりますので【バイブレーション】の出番!というわけです。

 

特に、濁り水(マッディ・ステイン)の時は、

「サイレントチューンのバイブレーション=(音の鳴らないタイプ)」よりも、

「ラトルが入ってノイズがでる高アピールのバイブレーション」

を使用するといいですね。

 

まとめると・・・

  1. 春はバスがとにかく喰いたい!という時期
  2. しかも薄暗かったり雨の前後となるといよいよバスは動き出す
  3. そこでしっかりアピールできるルアーが有効
  4. それがバイブレーション(しかも音あり!)

という感じですね!

 

 

春の琵琶湖おすすめバイブレーション

では、数あるバイブレーションの中で、特に琵琶湖で実績のあるものを2点ご紹介します。

 

 Jackall TN70 trigon(トリゴン)

かなり大きめのバイブレーションになります。

野池で使いたいという方はtn50で大丈夫ですが、琵琶湖という広大なフィールドを探る場合となるとTN70 をお勧めします。

 

特に【trigon(トリゴン)シリーズ】は、「タングステンシンカー」が前についており飛距離がでますのでtrigonシリーズがいいですね。

HIDEBASS
 TN70のトリゴン人気ですね…品切れの場合はコチラフルタングステンもおすすめ!この色、釣れそう…

 

ニイガキ
トリゴンシリーズ人気です・・・70品切れ続出です。60も実績有です!

 

店頭で見つけたら一つは買っておいて間違いなし!

 

 

Raidjapan レベルバイブビッグ

こちらも存在感のあるバイブレーションになります。

飛距離はもちろん、実績もかなりあるルアーになりますのでおすすめです。

レベルバイブビッグの写真(nicoreck)

ニイガキ
これまたいい感じのカラーですね!アピール強し!

 

 

春の琵琶湖でおすすめの色

個人的にはあんまりカラーは気にしていませんが・・・

振り返ってみると赤っぽい色のバイブレーションが実績として多いですね。

琵琶湖となると、南湖もポイントによってはマッディやステインの状況もあると思います。

なので、チャートや赤、目立つ色の方がいいでしょう。

 

目立つ色でしっかりと春のバスに食わせてくださいね!

 

関連記事:「春は赤が釣れる」は本当か

 

春の琵琶湖での使い方

琵琶湖でバイブレーションを使う際は、広大なエリアを探りますので・・・

  1. まずはフルキャストして飛ばせるだけ飛ばす
  2. そしてテンションフォールでカウントをとりながらボトムまでフォールさせる
  3. 着底するまでのカウントを覚えておき、レンジを表層・中層・ボトムと三分割

(※例えばボトムまで着底するのに9秒かかれば、表層:0〜3秒・中層:4〜6秒・ボトム付近7〜9秒となります。)

 

ただ巻き・早巻き

あとは、そのレンジをキープしながらひたすら巻いてみてください。

 

状況にもよりますが、基本的に春は水温が上がりきらないこともあるのでシャローだとしてもボトムから探るのが吉です。

 

リトリーブスピードに関しては早巻きが実績が高いですね。

 

もし早巻きで食わなければ、

  • ノーマルリトリーブに変えてあげたり、
  • あとは状況を探りながら巻きスピードを調整する

という風に臨機応変に調整してみてください。

 

サスペンド

尚、バイブレーションは基本的にシンキングタイプが多いですが、【DaiwaのTDバイブレーション】のような【サスペンドタイプ】のものもあります。

基本的なバイブレーションだと、「引っかかりやすいストラクチャーの上」は、根がからないように早めに通すのが吉となります。

ですが、【サスペンドタイプ】の利点としては、

  • 根掛かりがしやすいウィードエリア
  • 複雑なストラクチャーの上

などを、ゆっくりとネチネチ、スローリトリーブでじっくり攻めることができる点にあります。

 

三寒四温を繰り返すような春先では、水温が上がりきらないことが多く、まだまだバスも早巻きに対応できない可能性が高いです。

そんな時に、スローリトリーブでゆっくり泳ぐサスペンドタイプのバイブレーションが効果的ですね。

 

複雑なボトムのシャローエリアを、ゆっくりスローで泳がせてあげることによって、弱ったベイトを演出することもできます。

【DaiwaのTDバイブレーション】はお手頃ですしオススメですよ!

 

 

 

タックル設定とラインの選び方

琵琶湖となると広範囲を探る為、ルアーウェイトも重くなります。

  • ロッド➡H〜XH、6.7〜7ft前後
  • リール➡ハイギア・ラインキャパ16lb100m程度巻けるとGood

 

お手頃なのは、

  • ロッド➡zodias 172H
  • リール➡17クロナークMGL 151HG

 

172Hは1万円代、クロナークは2万円代で買えますので、

「これからバス釣り始めて琵琶湖で頑張りたい!」

という方におすすめですよ!

 

ラインに関しては、バイブレーションということもあり、飛距離が大切になります。

従って、【16lb】をおすすめします。

フルキャスト時のラインブレイクが心配なら【18〜20lb】ですね。

 

私は【シーガーr18 16lb】を愛用しています!

 

 

ちなみに、自分の基本的なタックル設定は、

  • ロッド➡zodias 1610H
  • リール➡08メタニウムdcmg
  • ライン➡シーガーr18 16lb

となります!

バイブレーションのタックル設定の写真(nicoreck)

 

関連記事:【リールインプレシリーズ】

シマノ16スコーピオン70インプレ

シマノ16カシータスMGLインプレ

シマノ16メタニウムMGLインプレ

シマノ18アンタレスDC MDインプレ

 

 

根掛かり対策

バイブレーションは、ルアーの形状からどうしても根掛かりは避けられないと思っておいてください。

これはどうしようもないことなので、回収キットを買うことをお勧めします。

 

ルアー回収器①レスキューテポドン

こちらは回収器の中では安価なものになります(なぜかアマゾンでは高い)。

しかし、実際に回収も問題なくできておりますのでいい商品だと思います。

ルアー回収機レスキューテポドンの写真(nicoreck)

レスキューテポドンは回収が手回収になってしまいますので、いらないベイトリールを回収機として使用しています!

 

ルアー回収機②ダイワ ルアーキャッチャー

こちらの回収機は、

  1. チェーンと強力磁石を使ってルアーをがんじがらめにして
  2. 無理矢理ストラクチャーごとひっぱがす

という回収機です。

どちらも実績はありますので一台どちらかもっておくと良いと思います。

 

 

春の琵琶湖バイブレーション編!実際の釣果と使用タックルを紹介

バイブレーションでの釣果@野池(nicoreck)

こちらは琵琶湖ではないのですが、野池の釣果になります!

雨が降り始めたタイミングで効率よく探っていき45センチでした!

ヒットルアーは【TN50 trigon】になります。

この後1時間半程度釣りをしましたが、連発し【45・38・35】と好調でした!

天気は「ローライトで雨が降り始めたタイミング」で釣れ始めたので、天候の影響を受けたバスが口を使ってくれたのだと思います。

 

琵琶湖の釣果は今手元にないため、また後日アップアップしたいと思います。

 

まとめ

季節は春と言えど、特に豊富な水量の琵琶湖は急激に水温が上がるという事はありません。

なので、広範囲に探って、まずはバスの居場所を突き止めること。

そして、その場所にルアーを投げ込んでやることです。

  • 春のプリバスはとにかく食べたい
  • ローライト・雨の前後に動く
  • そんなヤル気&食い気十分なバスを広範囲に狙えるのがバイブレーション
  • ラトル入りの明るい色でしっかりアピール
  • まだ完全に水温が上がりきるわけじゃないのでボトムもチェック
  • 広範囲を探って早巻き➡反応なければスピード調整
  • 根掛かりしやすいので、ルアー回収機を携帯しよう
  • 天候の変化は積極的に好機とする!

春はまだまだ長いです!

様々な釣り方で春のバス釣りを楽しんでくださいね。

 

学生の方は『楽天学割』でお得に!

コチラから登録できます!

 

ルアマガやBasserがスマホやタブレットで読み放題!

こちらからの登録で超お得に雑誌・書籍読み放題です

 

【陸王】ネット配信を無料で見る方法!


こちらからの登録で超お得に陸王が視聴できます

 

 

 

 

ルアーマガジンやBaaserがスマホで読み放題!?

バス釣り雑誌をお得に読見たい方はコチラです。

この記事を書いている人 - WRITER -
ニイガキ:バス釣り勉強中アラフォーライター。水中生物の仕事。 Hide:琵琶湖北湖デカバス限定の人。 nicoreck:20代会社員のバス釣り大好きライター。毎週末野池やメジャー河川、出勤前の朝まずめにも行く釣りジャンキー。 その他、バス釣り好きライターが各自の得意分野を執筆しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© BASSER TO THE FUTURE , 2019 All Rights Reserved.